コラム

【一人暮らし必見】ユニットバスのメリットと快適な使い方を紹介!

投稿日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしって大体の人がワンルームとか1Kの物件だと思いますし、家賃を抑えようとするとどうしてもユニットバスになりがちですよね。

バストイレ別は使いやすいしできれば別の物件に住みたいけれど、予算の都合でユニットバスの物件に入居するしかなかった・・・なんて方もたくさんいるでしょう。

今回の記事では、これからユニットバス物件で新生活を始めるという方のためにユニットバスのメリットと快適に使う方法を紹介していきたいと思います。

ユニットバスのメリット

一見バストイレ別の物件の方が使いやすいから住みたいと思っている方も多いと思いますが、実際のところどうなのでしょうか。

まずはユニットバスのメリットを見ていきましょう。

メリットは以下の通りです。

メリット

  • まとめて掃除できる
  • 断熱性が高く温かい空気が逃げにくい
  • 家賃が安い

まとめて掃除できる

ユニットバスはバストイレ別の物件と違ってトイレや洗面台がセットになっているので、掃除をするときにまとめて綺麗にすることができます。

また、カビが生えにくかったり汚れもつきにくいのはもちろん、掃除自体も簡単にできるように設計されているので、掃除時間も短縮できて一石二鳥です。

断熱性が高く温かい空気が逃げにくい

ユニットバスは断熱性が高く、温かい空気が逃げにくいのが特徴。

バスルーム内が温かいとシャワーを浴びて体を拭いている間に冷えてしまうなんてこともないので、冬場でも快適にお風呂に入ることができます。

家賃が安い

ユニットバスはバストイレ別の物件に比べて家賃が安く設定されていることが多いです。

そのため、家賃を抑えたいと言う方はユニットバスの物件を選ぶことで毎月の固定費を節約することができますよ。

ユニットバスの快適な使い方

ユニットバスって狭くて使いにくいとか衛生的に良くないとか、悪いイメージばかりであまり良いイメージの方はいないと思います。

ですが、実はユニットバスも使い方次第では快適に使用することができるんです。

以下で使い方を紹介していくので参考にしてみてください。

シャワーカーテンは浴槽の内側に入れる

シャワーカーテンはトイレの方に水が飛ばないようにするためにあるのに、それを浴槽の外側に出していたらトイレ側の床が濡れてしまいますよね。

なので、シャワーを浴びる際には必ずシャワーカーテンを浴槽の内側に入れるようにしましょう。

浴槽に浸かる時はシャワーカーテンを浴槽の外側に

シャワーを浴びるときにはシャワーカーテンを浴槽の内側に入れますが、浴槽に浸かる際にはシャワーカーテンを浴槽の外側に出しておきましょう。

これには理由が2つあって、シャワーカーテンを浴槽の内側に入れたままだと熱気がこもってのぼせやすくなるということと体に触れたときに気持ち悪いということがあげられます。

湯船に浸かる場合はお湯を抜きながら体を洗う

ユニットバスは構造上、湯船にお湯を張ったままシャワーを浴びるのは難しいので、湯船に浸かりたいときはお湯を抜きながら体を洗うという方法が一番効率的。

また、湯船に浸かった状態で頭を洗っておいて、体を洗ったときに一緒に流すと水道代も節約できちゃいますよ。

スリッパではなくサンダルを使う

スリッパの場合は入浴時に水が飛び散ったりして濡れてしまうと、なかなか乾かなかったりするので衛生的にも良くないです。

サンダルであればどれだけ濡れても水が染み込んだりしませんし、すぐに洗うこともできるので衛生的にも良いと言えるでしょう。

お風呂に入るついでにトイレ掃除も

ユニットバスはお風呂に入るついでにトイレも洗えてしまうのでその分時間の節約にもなります。

お風呂とトイレを別々で掃除する場合は面倒という方でも、お風呂に入ったついでにまとめて掃除できるのであれば簡単にできそうですよね。

ただし、ユニットバスの場合はトイレ周りにカビが生えやすかったりするので、お風呂の後には必ず水滴は拭き取るようにしましょう。

バスグッズを活用する

ユニットバスは基本的に収納スペースも少ないので、吸盤タイプのラックやシャワーラックなどのバスグッズを上手に浸かって収納スペースを確保しなくてはいけません。

収納スペースがあるだけでバスタイムが快適になること間違いなしなので、ユニットバスの方はぜひラック等のバスグッズを使ってみてください。

まとめ

以上、ユニットバスのメリットや快適な使い方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ユニットバスはあまりいいイメージを持たれないですが、メリットも十分にありますし使い方によってはバスタイムも快適に過ごすことができます。

今回紹介した使い方を実践して快適なバスタイムを楽しみましょう!

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-コラム

Copyright© ヒトリビング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.