恋愛

モテ男がLINEで必ず使うテクニック!恋愛を上手に進める11つのコツ

投稿日:11月 9, 2019 更新日:

こんにちは!

ライターのはむ(Twiter:@hamsetuyaku)でございます!

恋愛を成就するために今や欠かせない存在となっている「LINE」。

好きな人と連絡をとる上で非常に便利ですが、顔も声も見ない状態でやり取りを進めるなかで、宇宙の仕組みよりも難しい女心に頭を悩ませる男性は多いはず。

しかし、実はLINEには女性の興味を引くために欠かせないテクニックがあるのをご存じでしょうか?

今回は恋愛におけるLINEで悩むすべての男性に向けて、気になるLINEのテクニックについて紹介していこうと思います。

恋愛で使えるLINEのテクニックなんてあるの?

LINEのテクニックと言っても・・女性だって人によって性格も違うし、そんなもの関係ないのでは?そう考える男性もきっと多い事かと思います。

しかし、だからといって女性にLINEをするとき、自分の思った事を思った時に送るのは非常に危険。

確かに女性も人によって性格や感性が違うので、それでうまくいくこともあるかもしれませんが、実はほとんどの女性に好印象を持たれるLINEの送り方というのはある程度決まっているのです。

今回はそんな女性に贈るLINEの内容で、特に意識をしておいた方が良い「11つの基本テクニック」を次の項目にまとめてみました。

この方法さえ意識していれば、あなたの印象は女性により魅力的に伝わるようになりますし、今よりもグッと気になる人との距離も近くなりますよ!

モテ男が恋愛で意識しているLINEの11つのテクニック

恋愛で使えるLINEのテクニックは確かに存在することは分かってきましたね。そこで、ここではLINEを女性に贈る上で最も効果的な11つのテクニックを紹介していきます。うまく活用し、大好きなあの人との関係をより良いものにできるよう、皆様も実践してみて下さいね!

1、返信しやすい内容を意識する

まずは恋愛以外でも良い印象を与えるための共通の内容になりますが、相手が返信しやすいLINEの内容を意識して送ることは重要です。

好きな人とのやり取りは頭の中も幸せいっぱい。思うがままに思いをつづり、自分の意見をずらずらと並べ気づいたらものすごい長文を送っていた・・・なんていうことをしていては、気になる人との距離感はより遠くなってしまいます。

忘れてはならないのはあなたと気になる人との温度感はまだ全く違うということ、価値観も必ずとも同じではないということ。

今日の出来事や過去話した内容など、相手にイメージしやすいようなLINEを心がけましょう。

2、相手の話題や相談事にも興味を持つ

自分からの話題はたくさんあるのに、いまいち相手が乗り気じゃない気がする・・。

そんな人は、逆に話の聞き手側に徹し、相手の考えや思いを聞いてあげるのも効果的。

相手に好かれる人の会話テクニックとして、聞く、話すの割合は8:2がちょうど良いと言われており、じつは聞き上手の方がずっと相手に好印象を持たれやすいのです。

特に女性は愚痴や相談事を聞いてもらい安心感を求めたいもの。自分をアピールしたい気持ちはグッとこらえ、相手の話題に興味をもち、真剣に聞いてあげましょう。

3、相手の良いところに共感し褒める

会話の中で相手の意見をもらえたり、良いと思える部分がみつかったら積極的に褒めてあげるようにしましょう。

人はどうしても悪い部分に目が行きがち。そんな中で良い点を褒めてもらえたらどんな人でも嬉しいものです。

また、女性はちょっとした見た目や感情の変化にも気づいてほしい!と考えていることも多いので、「髪型変わった?」など、会ったときの印象に変化があったときには、話題に出してみると良いかもしれません。

相手の良いところを探そうとしてくれている姿勢を感じるだけでも、女性は嬉しく思うものですよ!

4、メッセージの返信時間は相手に合わせる

これはLINEを送る際、注意しなければならない点です。

LINEの返信というのは思った以上に頭を動かさなければならないので、時期によっては相手は負担を感じつつ返信をしてくれている場合も。

メッセージの返信時間の間隔はその人の余裕の大きさを示している場合もあるので、いつも30分ぐらい返信にかかるから30分後ぐらいに・・とうまく調整してあげると良いでしょう。

また、恋愛関係なくとも「どうしても来たLINEはすぐ返信してしまいたい!」という方もいるかもしれません。そんな人は、「俺返信早いけど、返せる時に返事はくれれば良いからね!」と一言伝えておくのも相手の負担を和らげるには効果的です。

間違えてもしてはいけないのは返信を催促するLINEを送ってしまうこと。一気に不信感が増してしまい、信頼を取り戻すのに相当の努力が必要になってしまいかねないので、やめておく方が無難です。

5、今何してる?をいきなり送るのはNG

今何してるんだろう。気になる女性が今何をしているのかは、恋する男性が常日頃から気になってしまう点ですね。

しかし、実はLINEで会話を開始する一言目で、「今何してるの?」を送るのは最もNGなワードの1つ。

あなたは軽い気持ちで聞いたのかもしれませんが、女性は身を守るためにあまり知らない人への警戒心が男性より強いです。「今何をしてるかなんて知って、私に何をするつもりなんだろう」と強く警戒されてしまう可能性が高いので、初めのうちは避けておいた方が良いでしょう。

とはいえこの点は女性によっても違い一概には言えませんので、かなりアクティブな女性だったり、以前から交友関係がある程度ある女性であれば特に問題はないことも。状況によってたまに話題の切り出しに使うのはありかもしれません。

6、夜遅くなったら、返信は次の日にする

結構長くLINEをしてしまったけど、もう夜遅くなってしまったな・・・。そんな時は、返信は次の日にしておきましょう。

理由は単純に夜遅い時間だと相手に迷惑になってしまう場合があるから。というのもありますが、返信を次の日にすることで、自然な流れでその後もLINEを続けることができる可能性が高いからです。

気を付ける点は「既読」をつけた状態でラインを終了しないこと。返事がきそうだから起きて待ってたのに、無視された!なんて思われてしまうと悲しいので、なるべく既読がついていない状態のまま放置し、寝落ちしてしまった感をだすことをオススメします。

次の日に返信するときは、「昨日は寝てしまってごめん!」など、相手を思いやる一言を忘れずに入れておきましょう。

7、相手の興味のある話題ははすぐに調べてみる

相手の話題に興味を持つことの大切さはさきほどお話ししましたが、もし興味のある話題についてあなたが詳しくなかった場合、実際にその話題を調べてみたりやってみたりすることも重要です。

女性に限らずですが、やはり人は自分と共通の話題がある人間に親しみが湧きやすいもの。相手が自分の興味のあることについて勉強してくれただけでもうれしくなります。

意外と女性の趣味なども初めてみると面白く、恋愛の駆け引きのために詳しくなったのに自分の方がハマってしまった・・なんてこともありますよ。笑

注意点は話題を盛り上げるために少しずつ詳しくなっていき、自然な流れで会話に持ち出すこと。

あまりにもいきなり詳しくなっていたり、なんでも真似したりしているとストーカーチックになってしまいかねませんので、「そういえばこないだのあれ、俺も興味あって少しみてみたんだけどさ・・」ぐらいの温度感から入れるようにしましょう!

8、一言で返信しにくい質問文を送る

こちらはLINEを初めてまだ間もない時に特に有効な手段。

「はい」や「うん」で終わることが難しいような内容のLINEを送ることで会話を続け、話題を広げていくというものです。

送られてくる側としても話題を用意する必要がないので、やりとりを初めたばかりで、特に相手からの話題が出てこない時は相手側からの印象も良いことが多いです。

「今日の○○たのしかったよね!Aさんも?」といった内容ではなく、「俺的に今日の○○はここが面白かったな。Aさんはどこが面白かった?」といったように、少しLINEの送りかたを変えるだけで話題を盛りあげることができますよ!

9、絵文字や顔文字はマメに使う

LINEで異性とやり取りをする中で意識している人も多いかと思いますが、絵文字や顔文字をしっかりといれて返信する事は必須のポイント。

絵文字などが入っていない文章は感情が読みにくいこともあり怒っている文章に見えてしまうことが多く、相手に恐怖を与えてしまうことも。

男性同士のLINEだと絵文字が少ないことも多いですが、女性相手にLINEを送る時は気をつかうように。最低でも「!」を使ったりで感情をあらわすようにはしましょう。

逆に真剣に話をするときは控えるのもポイント。おなじ「ごめん」と「ごめん(*´з`)」でもこのように、大分印象が変わってしまいます。

10、簡潔に分かりやすい内容を意識する

気になる人との会話は、聞きたいことや伝えたいこともたくさん。

お互いに許された時間の中でやりとりをしていくと、あれも・・これも・・と内容が長くなってしまい、とてつもない長文を作成してしまったり、内容が支離滅裂でよくわからなくなってしまうことも。

LINEは手軽にやり取りができることがメリットでもありますので、実は内容が複雑だったり長文になっていると、思っている以上に相手は返信を面倒に感じてしまいます。

ラインを送る際は分かりやすく、かつ簡潔な内容を送ることが重要なポイント。言い回しを変え文章を短くできないか、なくても良い内容がふくまれていないかなど、読み手側の気持ちになって送る前に一度文章を見返す習慣をつけましょう。

細かい点ではありますが、続けて意識すれば相手の反応も良い雰囲気に変わってくるはずです。

11、電話での会話に誘導する

LINEはメッセージのやり取りに目が行きがちですが、会話が盛り上がるようになってきたら電話機能もつかって距離を縮めていきましょう。

コツとして話の重要な点はメッセージでは伝えず、電話で伝えたいということを説明し、メッセージの延長のようなイメージで電話の流れに持っていくと自然的。

「実はこう思っていて・・こんなことがあったんだけど、電話の方が話しやすいから時間あるかな?」など、電話したい理由を明確に伝えましょう。

いきなり電話をしたり、暇だから電話しようぜ!というような提案の仕方をしてしまうと相手のペースを乱してしまいかねませんので、相手の都合をまずは聞き、余裕のある時に電話で話ができると良いですね。

電話の感触が悪くなければそのままプライベートの話もしてみたりすると、一気に距離を縮められる可能性も大ですよ!

LINEテクニックの活用で重要なのは、自分のキャラはぶらさないようにすること

LINEで気になる人に近づくためのテクニックはお伝えしましたが、すべてに共通する点としては自分のキャラクターはぶらさず、個性がなくならないようにすることです。

恋愛に悩むあなたにも、かならず良い所と悪い所があり、それを活かしたアプローチの方法があります。

普段あまりアクティブではないのに絵文字を連発してしまったり、気さくで明るい性格なのに妙に意識しすぎてかたい内容をおくってしまったり・・。

これではあなたの良さが相手に伝わることはありませんし、うまくいったとしてもその後の関係で間違いなくボロが出てしまいます。

LINEで気になる女性との距離を縮めることはできますが、本当に大切なのは親しい関係になったあと、その関係を継続できるようにすること。

どうしても意識できない部分はそれもあなたの個性ですので、自分にあったアプローチの方法で好きな人に近づけるようにしましょう。

LINEのテクニックを活用し、恋愛を良い方向に進めよう

LINEで使える恋愛のテクニック、いかがでしたでしょうか?

恋愛に悩める男性は今もたくさんいるとおもいますが、この記事の内容を実際にやってみて、少しでも大切に思う女性との距離が近くなれたらうれしいです。

大切なことは今回お伝えしたテクニックを活かし、あなたの良さをもっとよく相手に伝える努力をするということ。

形だけを意識して、自分らしさがなくなってしまっては本当に心が通い合うことはありません。あくまでも自分らしく、かつ相手を思いやることができるような男性を目指しましょう!

  • この記事を書いた人
アバター

はむ

アラサー26歳のAB型。 趣味は「物思いにふけること」。 甘い物をやめたら、少し痩せることができました(喜)

-恋愛
-

Copyright© ヒトリビング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.