生活費

格安simスマホに移行するならモバイルルーターとの最強タッグがおすすめ!

投稿日:


経済的にお得な格安SIMスマホは、通常の携帯と比較すると各段に安い金額で利用することができます。
しかし一定の通信量を使用してしまうと、規制されてしまい、通信速度が遅くなってしまうことが難点です。
そんな時に活用すると便利なのが、モバイルルーター。

今回は、格安SIMスマホに移行するなら、モバイルルーターとの相性がいい理由について紹介していきます。

『モバイルルーターを持つ意味』

外出先でも使用することができるモバイルルーターは、どのような意味を持つ端末なのでしょうか。
モバイルルーターの持つ意味やどんな人が使っているのか、詳しい内容を紹介していきます。

 

【モバイルルーターとは?】

まずモバイルルーターとは、手のひらサイズの通信端末のことを指していて、モバイルルーターを使用しれば、外でも通信機能が活用できます。

ノートパソコンやタブレット、スマホなどが外でも活用できるだけでなく、デスクトップパソコンの通信にも利用可能です。

ただAmazonなどでモバイルルーターを購入する場合、格安SIMを契約したりWiMAXを契約しないといけない場合もあるので、注意しましょう。

モバイルルーターのことは、モバイルWi-Fiルーター、Wi-Fiルーターと呼ぶこともあります。

 

【モバイルルーターはどんな人が使ってるの?】

主にモバイルルーターは、外出先でWi-Fi専用のタブレットやノートパソコンをネットで利用する際に活用します。

そのため、外出先で仕事を行う方や動画を観るという方に、モバイルルーターはおすすめです。
特に動画はデータをたくさん使うことから、携帯などではすぐにギガ数を使用してしまいます。
そんな時にモバイルルーターは、便利に利用することができるでしょう。

また自宅に光回線がない場合には、自宅の固定回線代わりに使用することができるため、わざわざ固定回線を別に設ける必要がありません。

デスクトップパソコンやオンラインゲームの利用にも活用することができるので、様々な用途が実現できます。

 

『格安SIMとモバイルルーターの組み合わせ』

格安SIMとモバイルルーターは、併用して利用することで、インターネット使い放題で金額も安くする方法があります。

具体的には、どのような方法で利用することができるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

【格安SIMとモバイルルーターの組み合わせで料金を安く!】

格安SIMとモバイルルーターを上手く併用すれば、月々のスマホ料金を安くすることができます。
実際に二つを併用しながらも、月額5,641円でネット使い放題で利用することも可能です。

どのような手順であれば、格安SIMとモバイルルーターの組み合わせで、スマホ料金を安くすることができるのか紹介していきます。

 

1.ルーターを選択する

まず格安SIMとモバイルルーターを組み合わせるため、どのようなルーターがいいのか、用途に合わせて選択します。

自宅でのみ利用するという方であれば、「Speed Wi-Fi HOME L01s」で問題ありませんが、持ち運びなら「Speed Wi-Fi NEXT W05」がおすすめです。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」については、大容量のバッテリーが内蔵されているだけでなく、通信速度が速いのが人気となっています。
軽量化が実現されていることから、持ち運びにも便利です。

 

2.契約プランを選択する

ルーターを選択した後は、自分のネット利用状況に合わせて、契約プランを選択します。
主に通常プランとギガ放題プランとがありますが、通信容量を増やしたいならギガ放題がおすすめです。

 

3.SIMロックを解除

格安SIMを利用する上で、契約会社しか利用できないように携帯端末が制限されていることがあります。
その場合は、SIMロックを解除しないといけません。

中にはSIMロックの解除が必要ないケースもあるので、その場合は次の手順に進んで問題ありません。

 

格安SIMを購入する

準備が完了した後は、格安SIMを購入し、説明書に従ってスマートフォンに格安SIMを挿入します。
ここで通信が問題なく行われていれば、格安SIMとモバイルルーターを併用することが可能です。

 

【格安SIMとモバイルルーターの2台持ちって実際どうなの?】

・格安SIMとモバイルルーターの2台持ちのメリット・デメリットを紹介

格安SIMとモバイルルーターの2台持ちは、携帯料金が安くなると説明しましたが、具体的にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

2代持ちのメリット・デメリットを紹介していくので、参考にしてみてください。

 

格安SIMとモバイルルーターの2台持ちのメリット

格安SIMとモバイルルーターの2台持ちを行うメリットとしては、月額料金が安いという点が第一に考えられます。
通常の携帯プランで、同様のデータ容量や通信速度を実現しようとすると、費用が余計にかかってしまうでしょう。

他にも、格安SIMのデータ専用プランには、契約期間といった縛りがないのが特徴です。
途中で解約したとしても、違約金が発生しないため、気軽に利用することができます。

 

格安SIMとモバイルルーターの2台持ちのデメリット

格安SIMとモバイルルーターの2台持ちで考えられるデメリットとしては、高速通信量に制限があるという点です。
容量無制限のプランの中には、短期的に通信容量を使い過ぎてしまうと、制限が掛けられてしまうことがあります。
そのため、契約するプランの内容は、しっかり確認してから契約することが大切です。

他にも、格安SIMは時間帯によって、通信速度が遅くなるケースがあります。
回線が混み合うことが想定される平日の通勤時間やお昼などは、通信速度が下がりやすいので注意しましょう。

 

『格安SIMと相性の良いモバイルルーターはどれ?』

月額利用料金が安い格安SIMとモバイルルーターは、組み合わせによって相性がいいものがあります。
どのような組み合わせを行えば、相性がよくなくなるのか、格安SIMとモバイルルーターの組み合わせを検討することが大切です。

 

【格安SIMと相性バッチリなモバイルルーター】

格安SIMとモバイルルーターの組み合わせの中で、相性がいいと思われるものをいくつか紹介していきます。
併用した使用したいと考えている方は、組み合わせを参考にして、自分に合うスタイルを確立させてみてください。

 

IIJmio(みおふぉん)×Aterm MR05LN

NEC製のモバイルルーターである「Aterm MR05LN」は、デュアルSIMに対応しており、SIMが2枚ある場合、使い分けを行うことができます。

SIMの切り替えを行う場合は、10秒ほどで切り替えを実施できる「スムーズSIM切り替え」機能があるため、格安SIMとの相性は抜群です。

さらにBluetoothデザリングであれば、30時間もの連続稼働が実現されています。
そのため、外で利用したい方が多いモバイルルーターとしての性能は抜群に良いと言えるでしょう。

格安SIMはIIJmio(みおふぉん)との組み合わせが抜群で、プランはタイプDのファミリーシェアプランでおすすめです。

タイプDはファミリーシェアプランの中でも月額料金が安く、12GBの利用ができます。
データ容量が足りない場合は、オプションで通信容量を追加することができるので、便利です。

 

mineo(マイネオ)×HUAWEI E5577

HUAWEI製のモバイルルーター「HUAWEI E5577」は、クレジットカードサイズであるため、持ち運びに便利です。
どこに持ち運びするにも、軽量化が実現されている方が楽であるため、小さいHUAWEI E5577は普段使いに使用するといいでしょう。

バッテリーは大容量で、連続通信時間が12時間と長期利用にも活用することができます。

専用アプリの「HUAWEI HiLink」を使用すれば、スマホやタブレットなどから、バッテリー残量・データ通信量・ネットワーク状態が確認可能です。

格安SIMとの組み合わせでは、mineo(マイネオ)がおすすめになります。
プランはdocomo回線のDプランで、シングルタイプの30GBタイプがいいでしょう。

30GBもあれば、外出先でも好きなだけ動画を視聴したり、ノートパソコンで作業を行うこともできます。
自宅の固定回線として使用する方法でも、十分な性能と言えるでしょう。

 

楽天モバイル×Aterm MP01LN

NEC製のモバイルルーターである「Aterm MP01LN」は、最小・最軽量が実現されているモバイルルーターで、持ち運びに便利です。
重さは71g程度となっており、クレジットカードよりも軽量化が実現されています。

性能としても優秀で、連続通信時間は10時間ほど可動することが可能です。
連続待ち受けとしては、900時間が実現されているので、バッテリー切れの心配がないのが魅力になります。

高速モバイル通信のLTE回線に対応していることから、快適な通信環境でネットワークを利用することができるでしょう。
電波干渉が少ない5GHz帯11acにも対応しています。

Wi-Fi接続についても、10台まで接続することができるため、自宅でも気軽に利用することが可能です。

格安SIMとしては、楽天モバイルとの組み合わせがおすすめになります。
プランはシングルタイプの30GBがいいでしょう。

30GBもあれば、外出先で動画やノートパソコンで作業しても、十分に利用することができます。
また自宅で固定回線として活用しても、データ容量には十分余裕を持たせることができるでしょう。

 

『無制限に使える格安SIMとモバイルルーターの注意点』

格安SIMとモバイルルーターの契約プランの中には、無制限でネットワーク通信が可能なプランがあります。
しかしそんな無制限のプランも、よく確認しないといけない注意点があるのです。

どのようなことに注意しないといけないのか、格安SIMとモバイルルーターの2つの注意点を紹介していきます。

 

【無制限の格安SIM】

無制限の格安SIMのプランは、どのようなことに注意しないといけないのでしょうか。
把握しておきたい注意点について紹介していきます。

 

無制限プランは速度が遅い

格安SIMは、通常の携帯プランよりもデータ容量をたくさん使用することができます。
しかしその分、通信速度が遅くなっている傾向にあるのです。

契約する無制限プランによって、通信速度の差はありますが、中には通常の通信速度の半分ほどの速度になるケースもあります。

特に動画を視聴する時は、通信速度が遅いと再生が止まってしまうという可能性もあるので、気を付けましょう。

 

データ容量に制限がある可能性

格安SIMの無制限プランといっても、何かしらの制限が掛けられており、無制限ではない可能性もあります。

毎月のデータ容量は無制限でも、1日~3日間で使用できるデータ容量が決まっているなどのパターンがあるのです。

一般的に、無制限プランで利用できるデータ容量は1日1GBほどと想定しておいた方がいいでしょう。

 

大容量を使用しないと損をする

使用できるデータ容量は多い方がいいと、無制限プランを選択する方もいますが、大容量使用しないと損をしてしまう可能性があります。

特に格安SIMは、通信速度が遅いという特徴があるため、月10GBほどの利用であれば、無制限にする必要がないでしょう。

 

【無制限のモバイルルーター】

無制限のモバイルルーターを選択する場合は、どのような注意が必要なのでしょうか。
無制限モバイルルーターを選ぶ上での、注意点を紹介していきます。

 

速度制限の条件

無制限のモバイルルーターと公表していても、実質無制限のモバイルルーターは存在しないと言われています。
その理由は、回線が混雑しないように短時間に使用し過ぎた場合には通信速度が制限されてしまうためです。

ただ「UQ WiMAX」・「Y!mobile」・「Yahoo!WiFi」3社のモバイルルーターについては、無制限プランで速度制限にあっても快適に楽しめます。

快適に楽しめる理由としては、速度制限の条件が緩いためです。
速度制限の条件は3日で10GBの使用制限を超えると、1Mbpsの速度制限がかかるといったものになります。

まず3日で10GBを超えることは少なく、1Mbpsであっても動画視聴は可能です。

 

端末性能の違いを確認

無制限モバイルルーターの中には、受信速度など、性能に差が出ているケースがあります。
そのため、出来るだけ高性能のモバイルルーターを選ぶことが重要です。

どれも一緒と、性能を比較せずに契約すると、思っていたネット環境を手に入れることができないので注意しましょう。

 

利用料金に差が出る

モバイルルーターの月額利用料金は、提供している会社によって金額が異なります。
そこまで大きく差はありませんが、長期的に利用することを検討するのであれば、出来るだけ安いモバイルルーターを契約しましょう。

また中にはキャッシュバックが出たりと、サービス内容にも差が出るケースもあるので、しっかりチェックしておくことが重要です。

 

まとめ

格安SIMを利用する場合、モバイルルーターと併用して契約すれば、お得に通信費を節約することができることもあります。
ただ契約内容や通信費の利用状況によって、併用する利点が感じられないケースもあるでしょう。

そのため、自分のデータ通信量の状況を確認して、二つの併用でお得になるかどうか確認しておく必要があります。

上手く活用すれば、今の通信費よりも格段に安く済ませることができることもあるので、一度利用を検討してみてください。

  • この記事を書いた人
アバター

ヒトリビング編集部

-生活費

Copyright© ヒトリビング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.