コラム

一人暮らしのゴキブリ対策!侵入経路や出た時の対処法・駆除業者も紹介!

投稿日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしでゴキブリが出たときって本当に怖いし、できればあの真っ黒な害虫との遭遇は避けたいですよね。

そんなゴキブリですが、侵入経路を知ってしっかりと対策をすることで出ないようにすることができるって知ってましたか?

また、万が一出てしまったときも正しい対処をすればすぐに退治することができるんです。

今回の記事では一人暮らしのゴキブリの対策方法と出てしまったときの対処法、ゴキブリ専門の駆除サービスなどを徹底的に紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴキブリの侵入経路は?どこから入ってくるの?

ゴキブリは薄く平べったいフォルムからもわかるように、3mm程度の隙間があれば簡単に侵入できると言われてします。

特に侵入を気をつけなければいけない場所としては玄関や窓、換気扇、排水管、エアコンなどの外と繋がっているところです。

それぞれについて説明していきます。

玄関

玄関は外と部屋を繋いでいるため、当然ながらゴキブリが侵入してくるリスクがあります。

玄関を開けっ放しにしている方はほとんどいないと思いますが、できるだけ閉めておくようにしましょう。

古いアパートなどの場合は扉の立て付けが悪くなっていて、隙間が空いてしまっている可能性もあるので、扉を閉めたときに隙間がないかよく確認しておくことも重要です。

窓も玄関と同じように外と部屋を繋いでいるため、換気の際などに開け締めしたときにゴキブリが侵入してくる可能性も。

また、ゴキブリは幼虫の場合は1mm程度の隙間でも入ってくることができるので、網戸を閉めていても、わずかな隙間から入ってきてしまうこともあります。

網戸を閉めたときに隙間はないかや網戸に穴が空いていないかをよく確認しておきましょう。

換気扇

換気扇は外に直接空気を排出する作りになっているため、当然外からゴキブリが侵入してくる可能性はあります。

カバーが付いているものの場合は大丈夫ですが、そうでない場合はカバーを付けるなどの対策が必要です。

排水管

キッチンや浴室などの水回り設備は必ず排水管と繋がっています。ゴキブリは生態から湿気の置い場所が好きなので、排水管に入り込む可能性が高く、そこから侵入することも。

ただ、基本的には排水管にはトラップといった水が溜まるようになっている部分(本来は排水管の臭いが上がってくるのを防ぐためのもの)があり、そこに水が溜まっている限りは基本的に上がってくることはできません。

しかし、トラップの設備がない排水管が付いていたりする場合はゴキブリは簡単に部屋に侵入することができてしまいます。

自分の家の排水管にトラップは付いているか、破損していないかをよく確認しておきましょう。

エアコン

エアコンは室外機はもちろん、排水用のホースなどが外と繋がっています。侵入経路がいくつもあるので、エアコンを使わない春や秋といった季節はしっかりとした対策が必要です。

エアコンの侵入経路である排水用のホースは基本的には地面から少し高い位置で切ってありますが、施工ミスなどで地面に付いてしまっている場合はそこから侵入してくる可能性も。

また、エアコンと室外機を繋いでいる開口部なども侵入経路になる可能性が高いので、パテでしっかりと塞がっているかなどの確認が必要です。

一人暮らしのゴキブリ対策方法!

上記ではゴキブリの主な侵入経路を紹介してきましたが、ここではゴキブリの侵入を防ぐ対策方法を紹介していきたいと思います。

ゴキブリの侵入を防ぐ対策としては以下の通りです。

  • 侵入経路になる隙間を塞ぐ
  • 掃除をこまめにする
  • 窓やドアは開けっ放しにしない
  • ハーブやアロマを置く
  • ダンボールは放置しない

侵入経路になる隙間を塞ぐ

上記の項目でも説明しましたが、ゴキブリは成虫であれば3mm程度、幼虫であれば1mm程度の隙間があれば侵入してきてしまいます。

なので、侵入経路になる隙間はしっかりと塞ぐことが重要です。

玄関や窓の隙間は隙間テープなどで塞ぐことができますし、換気扇の場合は24時間運転しておくことでゴキブの侵入を防ぐことができます。

また、エアコンの排水用のホースにはストッキングを被せて輪ゴムやガムテープで止め、エアコンと室外機を繋いでいる開口部はパテで隙間を埋めましょう。

掃除をこまめにする

ゴキブリは食べかすや髪の毛、ハウスダストなどを好むので、こまめに掃除をしてそれらが落ちていない綺麗な部屋を目指しましょう。

水回りの場合も同じで、シンクに食器を放置したり食べかけの食品を放置しないようにしてください。

また、冷蔵庫や電子レンジの下の掃除はもちろん、ベッドの下や部屋の角のようにホコリの溜まりやすい場所も忘れずに掃除することが重要です。

窓やドアは開けっ放しにしない

侵入経路となる隙間を全て塞いでいたとしても、窓やドアを開けっ放しにしていては意味がありません。

窓やドアを開けておくとゴキブリだけでなく他の害虫が入ってきてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

換気のときなど、どうしても開けたいというときも網戸は必ず閉めておくことをおすすめします。

ハーブやアロマを置く

ゴキブリはハーブやアロマなどが苦手だとされているため、それらを置いておくことで侵入を防ぐことができます。

特にミントや除虫菊などは他の害虫を寄せ付けなくする効果もあるのでおすすめです。

ゴキブリを絶対に寄せ付けたくないという方はアロマやハーブの葉っぱを煮詰めてそのエキスを網戸などに吹きかけることで効果が増しますよ。

ダンボールは放置しない

ダンボールはゴキブリにとっては絶好の住処です。場合によってはダンボールにゴキブリの卵が潜んでいる可能性も。

引越しのときに使ったダンボールやネット通販の商品が入っていたダンボールなどはいつか使うかもと放置せずに必ず捨てるようにしましょう。

ゴキブリが出た時の対処法

どれだけゴキブリの対策をしていても、やはり出るときは出てしまうのがゴキブリです。

そこで、万が一にゴキブリが出てしまったときの対処法を紹介していきたいと思います。

主な対処法としては以下の通りです。

  • スプレータイプの殺虫剤を使う
  • スリッパや新聞紙で叩く
  • 毒エサで巣ごと駆除する

スプレータイプの殺虫剤を使う

ゴキブリが苦手な方は遠くからでも仕留めることができるスプレータイプの殺虫剤を使うことをおすすめします。

有名なところで言えばゴキジェットプロなどでしょうか。

また、最近では瞬間冷却してゴキブリを凍らせることができるような殺虫剤も出ているので、そういったものを家に置いておくだけで安心ですよ。

スリッパや新聞紙で叩く

最も原始的な方法ではありますが、一番効果があるのがこの方法。スリッパや新聞紙がないという方はいらない雑誌などでも良いと思います。

ただし、この方法だとゴキブリを潰したときに床や潰したものが汚れてしまうのが難点。

さらに言えば潰したゴキブリを処理しなくてはいけないので、苦手な方には難しいかもしれません。

スプレーなどが家にある場合はそちらで駆除することをおすすめします。

毒エサで巣ごと駆除する

1匹でもゴキブリが出たときは巣があると思った方が良いと言われているので、出てしまったときは冷蔵庫などの家電製品の下に毒エサを置いておきましょう。

そうすることで、万が一取り逃がしてしまったとしても巣ごと駆除することができますよ。

ゴキブリが出たときのおすすめ駆除業者!

ゴキブリは1匹でも出ると巣があると言われています。1匹であれば上記で紹介した方法で対処すればいいのですが、巣があるとなるとまたいつか遭遇してしまう可能性が高いですよね。

そこで活躍するのがゴキブリの駆除業者。プロが徹底的に調査して巣を発見。巣ごと駆除してくれます。

ゴキブリ駆除ならダスキンにお任せ!

ダスキンのゴキブリ駆除はその道のプロが対応してくれるから安心。初回サービスではバキュームを使って成虫、幼虫はもちろん、死骸やフンまで除去してくれます。

また、安全性と効果の高いベイト剤と呼ばれる特殊な毒エサを使っているので、短時間での作業が可能です。

さらに、依頼の際に食器類の片付けなどは必要なく、全てお任せできるので気軽に依頼ができちゃいますよ。

ダスキンのゴキブリ駆除サービスでゴキブリのいない快適な生活を手に入れましょう!

公式サイトはコチラ

まとめ

以上、一人暮らしのゴキブリ対策について、侵入経路や対処法、おすすめの駆除業者などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一人暮らしでゴキブリと遭遇するのは本当に恐怖だと思いますし、できれば出会いたくないですよね。

今回紹介した対策法はどれも簡単にできるものばかりですので、ぜひ試してみていただければと思います。

また、対策をしたのにゴキブリが出てしまった・・・という場合も対処法として紹介した方法を使えば簡単に駆除できるはずです。

それでも心配な方は駆除業者にお願いしてみることをおすすめします。

この記事が少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-コラム

Copyright© ヒトリビング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.