洗濯

一人暮らしの洗濯頻度は週何回がおすすめ?3つのパターンのメリットとデメリットを紹介!

投稿日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしをしているみなさんは普段どれくらいの頻度で洗濯をしているのでしょうか。ちなみに僕は基本的に週2~3回のペースで洗濯をするようにしています。

僕のように週2~3回という方が多いみたいですが、中には毎日するといった方や逆に週1回しかしないといった方もいます。

そこで、今回の記事では、一人暮らしの洗濯頻度は週何回がおすすめなのかや3つのパターンのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

一人暮らしの洗濯頻度の3パターン

一人暮らしって1日の洗濯物の量自体は多くないので、どのくらいの頻度で洗濯すればいいのかって判断しずらいと思います。

僕の周りの一人暮らしをしている人を対象に調査をしてみたところ、洗濯頻度は大体以下の3つのパターンに分けられました。

3つのパターン

  • 毎日
  • 週2~3回
  • 週1回

毎日

一人暮らしの場合、1日に出る洗濯物の量自体は多くないはずなので、毎日洗濯するという方はそんなにいないと思います。

それでも毎日洗濯をしているという人に聞いてみると、制服や作業着などを洗濯しなくてはいけないからという場合や、衛生面が気になるからといった回答が返ってきました。

確かに、毎日綺麗な状態で着なくていけない制服や汚れてしまった作業着などは毎日洗う必要があるし、衛生面が気になる人にとっては毎日洗わないと気分が悪くなってしまうのもわかりますね。

週2~3回

このくらいの回数が一般的には一番多いのではないでしょうか。僕自身も洗濯頻度は週2~3回で、少し洗濯物が溜まってきたなってところで洗濯機を回すようにしています。

正直毎日洗濯していると水道代や電気代もなかなか馬鹿にならないと思いますし、毎日洗濯するのはめんどくさかったり、そもそもの洗濯物の量から考えて毎日は回す必要がないなとか色々な面から見ても一番丁度いい回数だと思っています。

週1回

洗濯を週1回しかしないという人も中にはいましたが、これは仕事が忙しくて洗濯機を回す時間がなかったり、何かしら洗濯機を回せない理由がありました。

僕もそんなに洗濯物の量は多くないのですが、それでも週2~3回は回さないと洗濯機がパンパンになってしまうので、普通の生活をしている方であれば週1回の洗濯では足らないと思います。

1週間溜め込んだ洗濯物を洗濯するのに2~3回洗濯機を回さなくてはいけないようならば、週2~3回に分けて洗濯する方が効率も良く、干すときのスペースも少なくて済みます。

できるのであれば、1週間も溜め込まずに週2~3回は洗濯機を回すようにするよ良いでしょう。

一人暮らしの洗濯頻度ごとのメリットとデメリット

上記の項目では一人暮らしの洗濯頻度を3つのパターンで紹介してきましたが、ここではそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

毎日洗濯するメリットとデメリット

毎日洗濯することのメリットとして一番にあげられるのは衛生的であるということでしょう。特に夏場で汗を吸った服などは汚れているのと同時に臭いも気になりますし、毎日洗濯することで清潔に保つことができます。

また、毎日洗濯することで皮脂の汚れなども落とすことができ、シャツの襟の黄ばみなども予防できます。衛生面や皮脂汚れなどが気になる方は毎日洗濯することをおすすめします。

逆にデメリットとしては、洗濯機を毎日回すことによって電気代と水道代が余計にかかってしまうということです。

一人暮らしで洗濯物もそこまで多くないのに電気代や水道代といったコストをかける必要があるのかと考えたときに、どうしても洗濯しないと気が済まないといった方以外は毎日洗濯する必要はないでしょう。

週2~3回洗濯するメリットとデメリット

週2~3回洗濯することのメリットとしては、毎日洗濯をする場合と比較しても電気代や水道代などのコストを抑えられ、衛生面から考えても1週間に1回しか洗わない場合よりは雑菌の繁殖が抑えられるので、黄ばみや臭いを防ぐこともできます。

デメリットとしては、毎日洗濯する場合と比較すると多少清潔さが損なわれる点だと思います。特に、洗濯機に直接洗濯物を入れた状態で数日放置すると臭いが移ったり菌が繁殖しやすくなるので、洗濯物かごなどに入れておくようにしましょう。

週1回洗濯するメリットとデメリット

週に1回洗濯することのメリットとしてはさらに電気代や水道代のコストを削減できることと、洗濯物を干したりする手間が週1回で済むことです。

逆にデメリットとしては雑菌の繁殖がしやすいといったことや皮脂汚れなどが取れにくくなり黄ばみになりやすくなったりすることでしょうか。秋や冬など、汗をあまりかかない季節であれば問題ありませんが、春や夏など汗がかきやすかったり湿気が気になる季節には注意が必要です。

また、週1回の洗濯の場合、1週間分の洗濯物を一気に干すことになるので洗濯物を干すスペースも問題になってきます。室内干しだと洗濯物通しの位置が近くてなかなか乾かなくて臭いの原因になったりもするので、どうしても時間がないとか何かしらの理由がない限りは最低でも週2~3回に分けて洗濯することをおすすめします。

洗濯物を洗うタイミングはいつがいいの?

洗濯物を洗うタイミングとしては、基本的には午前中の日差しのある時間がいいでしょう。日差しがある時間帯に洗濯をして干すことで、洗濯物が乾きやすくなりますし、太陽の光を浴びることで雑菌の繁殖も防ぐことができます。

かと言って、午前中は仕事に行っているのでできないという方も多いと思いますので、そういう場合は帰宅後に洗濯するようにしましょう。ただし、ここで注意が必要なのはあまりに夜遅い時間帯に洗濯機を回してしまうと、騒音などで近所トラブルになりかねないのでできるだけ早い時間帯に洗濯を済ませてしまいましょう。

まとめ

以上、一人暮らしの洗濯頻度やメリット・デメリットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

一人暮らしの洗濯頻度はライフスタイルなどによっても変わってきてしまうと思いますが、できるのであれば週2~3回くらい洗濯機を回すくらいが丁度良いと思います。

この記事を参考に、みなさんのライフスタイルに合わせて洗濯頻度を決めてみてください。

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-洗濯

Copyright© ヒトリビング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.