コラム

一人暮らしのワンルームの換気方法!ポイントや注意点を紹介!

投稿日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしって家にいない時間も多いですし、換気をしたくてもできないという場合も多いのではないでしょうか。

ですが、換気は健康を維持するうえでもとても重要なことです。なので、今回の記事では一人暮らしの換気のポイントや注意点などを紹介していきたいと思います。

換気はなぜ必要なのか

冒頭でも健康を維持するうえで換気は重要だと言いましたが、その理由を詳しく紹介していきたいと思います。

換気が必要な理由

  • ダニやカビを予防できる
  • ハウスダストを除去してくれる
  • 部屋の臭いや二酸化炭素を除去してくれる
  • シックハウス症候群の予防になる

ダニやカビを予防できる

ダニやカビは湿った空気を好むので、部屋の換気を行わずに湿度が高くなることでダニやカビが増殖しやすくなってしまいます。

ダニは刺されること以外にも死骸やフンを吸い込むことによりアレルギー性鼻炎の原因になったりしますし、カビも同じようにアレルギーや感染症の原因に。

なので、十分に換気をしてダニやカビの増殖を抑えことは健康を維持するうえでも重要なのです。

ハウスダストを除去してくれる

ハウスダストは衣類の繊維やダニの死骸やフン、花粉などのことを言い、塵となって部屋の中を舞っています。

このハウスダストを吸うことで、上記でも書いたようにアレルギーの原因になったりするため、換気をよくして部屋の中の空気を綺麗な空気に交換する必要があるのです。

部屋の臭いや二酸化炭素を除去してくれる

換気には部屋の空気を入れ替えることで部屋に溜まった臭いや二酸化炭素を除去する効果もあります。

換気をしないで二酸化炭素が溜まった部屋にいると思考力や集中力が低下するなどの症状が出る可能性があるので注意が必要です。

特に冬場などはストーブなどを使う機会があるので、二酸化炭素中毒などにならないように定期的に換気を行うようにしましょう。

シックハウス症候群の予防になる

住宅や家具の材料に含まれるホルムアルデヒドという科学物質は少量吸い込む分には問題はありませんが、長時間吸い込み続けることでシックハウス症候群という病気になってしまう可能性があります。

シックハウス症候群の症状としてはめまいや頭痛、呼吸疾患などがあげられ、この病気には現在完全な治療法もないため危険です。

換気を行い部屋の空気を入れ替えることはシックハウス症候群の予防にもなるのでとても重要と言えるでしょう。

換気をするときのポイント

上記では換気が必要な理由を紹介してきましたが、ここでは換気をするときのポイントを紹介していきたいと思います。

換気をするときのポイント

  • 換気扇を回して換気する
  • 季節によって時間帯に注意して換気する

換気扇を回して換気する

窓を開けるだけの換気よりも効率的に換気をしたいのであれば、換気扇を回して換気を行うと良いでしょう。

窓を開けるのと同時に換気扇も回すことで、窓が空気の入り口になり、換気扇が出口になるので効率的に換気を行うことができるのです。

また、部屋に換気扇がない場合は、サーキュレーターなどを使って空気の流れを作り、空気を循環させることで効率よく換気することができます。

季節によって時間帯に注意して換気する

換気をするうえで重要なポイントの一つとして、換気を行う時間帯があります。

例えば、夏場の場合昼間の暑い時間帯に窓を開けて換気を行うとせっかくエアコンで室内を冷やしていたとしても外から暖かい空気が入ってきてしまって部屋の温度が上がってしまいますよね。

なので、夏場の場合は昼間ではなく朝方や夜の涼しい時間帯に換気を行うのがおすすめです。

逆に、冬場の場合は昼間の温かい時間帯に換気を行うことで、部屋が冷えるのを防げます。

このように、夏場や冬場は時間帯に注意して換気を行うことで、部屋の温度を保ったまま効率的に換気を行うことができるのです。

まとめ

以上、一人暮らしの換気のポイントや注意点などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

アレルギーなどの健康被害を防ぐうえでも、換気はとても重要です。今回紹介したように換気扇を使って換気をしたり、時間帯に注意して換気を行うことで、効率的に換気を行うことができるので、みなさんもぜひ試してみてください!

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-コラム

Copyright© ヒトリビング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.