洗濯

一人暮らしで部屋干しするときにおすすめの場所は?生乾き臭を抑える方法も紹介!

投稿日:10月 23, 2019 更新日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしの場合、ベランダがないと洗濯ものは必然的に部屋干しになりますが、部屋干しはスペースが取られる上に生乾きの臭いなどがしてどうにかしたいと思っている方もいるはずです。

そこで、今回の記事ではそんな方のために一人暮らしで部屋干しをするときにおすすめの場所や生乾き臭を抑える方法について紹介していきたいと思います。

一人暮らしで部屋干しするときにおすすめの場所は?

一人暮らしで部屋干しするときってスペースが取られてしまうのでどこに干そうか悩んでしまいますよね。予め部屋の中に物干し竿をかけるところがあったとしても、部屋の一部のスペースが埋まってしまうのでそれは避けたいと考える方も多いはずです。

ここでは、そんな方にもおすすめのスペースを3つ紹介していきます。

1.浴室

賃貸物件の場合、浴室に乾燥機能付きの空調設備が付いている場合があるのでそういった場合は浴室に洗濯物を干すとすぐに乾くのでおすすめです。仮に乾燥機能が付いていない場合でも絶対に換気扇は付いているはずなので、換気扇の近くに洗濯物を干しておくと乾きやすくなりますよ。

浴室であればスペースを取られることもありませんし、友達や恋人が家に来たときにも洗濯物が部屋に干しっぱなしといった状況を防ぐことができます。

部屋に干してしまうと生乾きの臭いも気になると思うのでそういったことも気にしなくていいのは嬉しいですよね。

2.脱衣所

脱衣所がある場合は脱衣所も洗濯物を干す場所としてはおすすめです。脱衣所にも換気扇が付いているとは思いますが、ない場合でも浴室のドアを開けておいて換気扇を回すことで洗濯物を乾かすことができます。

脱衣所で洗濯物を干す場合は突っ張り棒を使うと便利です。ただし、安いものだと耐荷重が小さくあまり干せないと思うのでできるだけ耐荷重の大きいものを選ぶと良いでしょう。

3.キッチン

キッチンにも換気扇が付いていると思うので、キッチンの換気扇の近くにタオルなどの小物を干すと乾きやすくなります。タオルなどの小物であれば100円ショップで買える突っ張り棒などでも十分に干すことができます。

料理をする方は料理の邪魔になってしまうかもしれないので、朝に家を出る前に干して帰ってきて乾いてたらすぐに畳むといったサイクルを作れば邪魔にもならないと思いますよ。

部屋干しするときの生乾き臭を抑える方法

上記では部屋干しするときにおすすめの場所を紹介しましたが、ここでは部屋干しするときの生乾き臭を抑える方法を紹介していきたいと思います。

そもそも部屋干しの生乾き臭の原因は?

部屋干しの生乾き臭の原因となっているのは洗濯物に残った皮脂などの汚れや雑菌です。衣類には洗濯をしても落としきれなかった汚れが残っています。

それらは太陽の下で干せば乾燥が早かったり紫外線によって消毒ができるので臭くはならないのですが、部屋干しの場合はすぐに乾かなかったりして水分が何時間も残っている状態が続くため雑菌が繁殖しやすくなり生乾きの臭いに繋がります。

生乾き臭を抑える方法5選

部屋干しの洗濯物の生乾き臭を抑えるには汚れをちゃんと落とすことと雑菌の繁殖を防ぐことが重要になってきます。その方法を見ていきましょう。

洗濯物を洗濯機の中に入れておかない

洗濯物を洗濯機の中に入れておくと、通気性が良くないのと湿気があるのとで雑菌がどんどん繁殖してしまいます。

ある程度洗濯物が溜まってから洗濯する場合は通気性のいい洗濯カゴに入れておくことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

洗濯が終わった洗濯物はすぐに干す

洗濯が終わった洗濯物をそのまま放置しておくと雑菌が繁殖して生乾き臭の原因になってしまうので、洗濯が終わったらできるだけ早く干すようにしましょう。

洗濯物はできるだけ溜めない

特に夏場に言えるのですが、汗をかいた服をそのまま何日も放置しておくと雑菌が繁殖して臭くなってしまいます。

夏場の汗をかきやすい時期だけでもいいので、洗濯物はできるだけ溜めないでその日のうちに洗うと良いでしょう。

洗剤や柔軟剤は適量入れる

洗剤をケチって適量より少ない量で洗濯をしていると、汚れがちゃんと落ちないので生乾き臭の原因になります。かと言って多すぎても残った洗剤が雑菌の原因になるので注意が必要です。

あくまでも適量を入れて洗濯することを心がけてください。

定期的に洗濯槽の掃除をする

洗濯槽の中は湿気やホコリが溜まりやすくなっているので雑菌も繁殖しやすい環境です。なので、定期的に洗濯槽クリーナーなどで掃除をしてあげることで洗濯槽の中を清潔に保ち雑菌の繁殖を防ぐ必要があります。

まとめ

以上、一人暮らしで部屋干しするときにおすすめの場所や部屋干しするときの生乾き臭を抑える方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

一人暮らしでベランダもないという場合はどうしても部屋干しになってしまうと思いますが、工夫次第で干すスペースは作ることができますし、生乾き臭も抑えることができます。

洗濯物の干す場所や生乾き臭に悩まされているという方は今回紹介した場所や方法をぜひ一度試してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-洗濯

Copyright© ヒトリビング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.