コラム

一人暮らしのペットにハムスターは飼える?飼い方や注意点を紹介!

投稿日:5月 28, 2020 更新日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

一人暮らしでペットを飼いたいと思ったときにまず思い浮かべるのは犬や猫かもしれませんが、一人暮らしの狭い部屋ではスペース的に難しいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にぴったりなのが比較的飼育もしやすく少ないスペースでも飼うことのできるハムスターです。

そこで、今回の記事ではそんなハムスターの飼い方や飼うときの注意点などを紹介していきたいと思います。

ハムスターは一人暮らしでも飼いやすい!

冒頭でもお話しましたが、ハムスターは一人暮らしでも比較的飼いやすいペットです。

まずはその理由を紹介していきますね。

省スペースで飼育可能

ハムスターは体が小さく、基本的にはハムスター用の小さいゲージで飼育します。

ゲージが置けるだけのスペースさえ確保できれば、狭い部屋でも飼うことができるので、一人暮らしの方にもおすすめのペットと言えるでしょう。

お世話が簡単

ハムスターのお世話は毎日の餌やりと水の交換、トイレの掃除がメインとなります。

回し車があれば特にお散歩をさせる必要もありませんし、他の動物と比べても比較的お世話が簡単で飼いやすいです。

費用があまりかからない

ハムスターは猫や犬などと比べて、飼い始める際に初期費用がそんなにかかりません。

ハムスターは数百円~数千円で購入できますし、ゲージや餌などの必要なものを全て揃えても1万円かからないくらいで揃います。

なので、ペットは飼いたいけどそんなにお金はかけられないという方にもぴったりですよ。

ただし、飼うからには責任を持って最後までお世話をしてあげてくださいね。

吠えたり鳴いたりしない

ハムスターは犬や猫と違って吠えたり鳴いたりしません。正確に言うと鳴きますが、声も小さいので鳴き声がうるさいと感じることはないでしょう。

一人暮らしのハムスターの飼い方や注意する点は?

ペット可の物件に住む

まず、ハムスターを飼うための第一前提としてペット可物件であることが求められます。

ペット可物件は他の物件と比較しても家賃が高かったり、そもそもの物件数が少なかったりしますが、ハムスターを飼うためなので我慢しましょう。

それらのことを踏まえたうえで本当にハムスターを飼えるのかどうかを考えてみてください。

ただ、ハムスターのような小動物の場合ペット可物件でなくても飼うことができる可能性もあるため、管理会社や大家さんに一度確認してみるのも一つの手ですね。

ケージのロックは忘れない

ハムスターは散歩のとき以外は基本的にケージの中に入れて飼います。

このとき、ケージのロックをかけるのを忘れていると勝手に扉を開けて出てきてしまうだけでなく、電源コードをかじってしまったり、洋服などをかじって破いてしまう可能性があるので注意が必要です。

散歩をさせるとき以外は必ずロックをかけておくこと、外出する際はロックがかかっていることを確認してから家を出ることを頭に入れておきましょう。

放し飼いにはしない

ハムスターにはものをかじる習性があり、なんでもかじってしまうので放し飼いにはしないようにしましょう。

賃貸住宅の場合、壁や床などを傷つけれていると退去の際に現状回復の費用を請求される可能性もありますし、何より電源コードなどをかじってしまったときに危ないからです。

また、放し飼いの場合トイレも色々なところでしてしまうリスクがあるので、そういった意味でもおすすめしません。

室内の温度管理には要注意

一人暮らしの場合日中は仕事などで家を空ける機会が多いと思いますが、そんなときに考えなくてはいけないのが留守中の室内温度の管理です。

ハムスターは暑すぎにも寒すぎにも弱いため、夏場や冬場の季節はエアコンなどをつけっぱなしにして室内温度を調節しなくてはいけません。このときの温度設定としては20度~25度を目安としておくと良いでしょう。

夏場や冬場は電気代もかかりますが、ハムスターが健康的に過ごすためだと思ってしっかり温度管理をしてあげてください。

長期間家を空ける場合はペットホテルへ

ハムスターは元々寿命が短く、2~3年程度と言われてます。また、ストレスなどの影響も受けやすく、ちょっとしたけがや病気が命に関わるので、健康管理には注意しなくてはなりません。

1日程度の外出であれば、温度管理をしっかり行い餌や水を補給しておけば問題ありませんが、旅行などで数日間の外出をする場合はペットホテルに預けるなどの対応が必要です。

多頭飼いによる繁殖に注意

ハムスターは繁殖力が強いので、多頭飼いしてしまうと意図せず繁殖してしまう可能性があります。

飼いやすいペットではありますが、何匹も同時に飼うとなると結構大変ですし、同じゲージに入れているとさらに子供が増えてしまう可能性も。

そのため、二匹以上飼うのであればゲージを分けるなどの対策を取ることをおすすめします。

まとめ

以上、ハムスターの飼い方や注意点などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハムスターは省スペースで飼育できるだけでなく、比較的お世話も簡単なので、一人暮らしでも飼いやすいペットです。

ハムスターについて、きちんと知った上で、ハムスターとの生活を楽しんでくださいね。

↓一人暮らしにおすすめのペットはこちら↓
一人暮らしでもペットを飼いたい!初心者でも飼いやすいおすすめペット8選!

みなさんこんにちは! ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。 一人暮らしだけど、どう ...

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-コラム

Copyright© ヒトリビング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.