コラム

もう臭いとは言わせない!部屋をいい匂いにする方法を紹介!

投稿日:

みなさんこんにちは!

ライターのちくわ(Twitter:@tikuwasetsupoke)です。

突然ですが、部屋の匂いって気になりますよね。特に一人暮らしのときって基本的には自分意外の人間がいるわけでもないので、部屋がどんな匂いなのかってわかりずらいと思います。

友人を部屋に呼んだとき、もし「この部屋臭い」なんて言われたらめちゃくちゃショックですし、逆に「この部屋いい匂い」って言われたらめちゃくちゃ嬉しいですよね。

そこで、今回の記事では部屋の嫌な臭いを消して、いい匂いにする方法を紹介していきます。

部屋の嫌な臭いの原因は?


部屋の臭いの原因には色々ありますが、一般的に考えられる原因は以下の7つがあげられます。

臭いの原因

  • 生活臭
  • 食べ物
  • ゴミ
  • 排水溝
  • 洗濯物
  • エアコン
  • ペット

生活臭

生活臭は特に自覚しにくいのですが、主に汗の臭いや加齢臭、タバコの臭いなどが当てはまります。自分から出ている臭いで部屋が臭いというのはかなりショックだと思いますが、自覚しにくい分注意が必要です。

食べ物

食べ物の臭いは意外と部屋に残りやすいです。特に焼き肉など臭いの強い食べ物を食べたあとは部屋中に臭いが残っていると思いますが、これらの臭いが残りやすい原因としてはカーテンや寝具に臭いが染み付いてしまうからです。

カーテンは定期的に洗うようにする、もしそれができない場合は消臭スプレーなどで定期的に臭いを消してあげましょう。

ゴミ

生ゴミの臭いって夏場だと特にですが、すごい臭いを発していますよね。ゴミの日はわかっていても朝忙しくてゴミを出せなかったなんてこともあると思います。ですが、生ゴミを放置しておくと腐ったりしてどんどん臭いが強くなってしまいます。

ゴミ出しは毎朝とは言わずとも、できるだけ溜まらないうちに出せるようにしておくと良いでしょう。

排水溝

排水溝の臭いって結構すごい臭いがすると思います。特にキッチンや浴室の排水溝は細菌の繁殖やぬめりが気になるところです。

排水溝のぬめりを取ってあげることも大事ですが、キッチンの場合は生ゴミのカス、浴室の場合は髪の毛などを毎日取ってあげることで、水の流れが良くなって臭いの原因も抑えられます。

洗濯物

一人暮らしの方は部屋干ししている方が多いと思います。その場合は特に生乾き臭などの臭いが気になりますよね。洗濯したばかりなのに臭いとか本当にやめてほしいです。

洗濯物は洗濯したあとすぐに干さないと雑菌が繁殖して臭くなってしまいます。洗濯機を回したあとはできるだけ早く干すようにすると臭いを抑えることができますよ。

エアコン

エアコンの臭いの原因は主にカビです。エアコン内部の掃除を定期的にしてあげないと、エアコンの内部でカビが発生し、そこから送風されるので部屋中がカビ臭くなってしまうのです。

また、カビの胞子を含んだ空気が部屋に充満している状態になるので、健康的にも良くないと言えます。

エアコン内部のカビの発生を防ぐには冷房を切った後に20分程度送風モードで運転して内部を乾かしてあげると良いでしょう。

ペット

ペットを飼っている方はペットの臭いやペットの排泄物の臭いも気になると思います。僕もそうですが、飼っている本人は全く臭いを感じなくなっている場合があるので気をつけましょう。

ペットショップなどに行くとペット用の消臭スプレーなども売っているので、そういったものを試してみるのも良いと思いますよ。

部屋の嫌な臭いを消す方法


上記では部屋の嫌な臭いの原因を紹介しましたが、ここでは部屋の嫌な臭いを消す方法を4つ紹介していきたいと思います。

部屋の臭いを消す方法

  • 部屋の換気をする
  • 置型の消臭剤や消臭スプレーを使う
  • 空気清浄機を使う

部屋の換気をする

部屋の臭いを消す方法として最も簡単なのは部屋の換気をすることです。部屋の中の空気を入れ替えることで、部屋に充満している嫌な臭いを消すことができます。

置型の消臭剤や消臭スプレーを使う

部屋の臭いを消す方法として次に簡単なのは置型の消臭剤や消臭スプレーを使った方法です。置型の消臭剤の場合は置いておくだけ、消臭スプレーの場合は臭いが気になったときにスプレーするだけです。

このとき、できるだけ無香料のものを選ぶといいでしょう。匂いがついているものを使うと匂いが混じって余計に臭くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

空気清浄機を使う

空気清浄機は空気を綺麗にしてくれるのはもちろんですが、消臭機能がついているものを選べば臭いを防ぐこともできます。タバコを吸う方やペットを飼っている方には特におすすめですよ。

ただし、空気清浄機も定期的に掃除をしてあげないとカビが発生して臭いの原因になってしまうことがあります。できるだけまめに掃除をするようにしましょう。

部屋をいい匂いにする方法

続いては部屋をいい匂いにする方法を紹介していきたいと思います。部屋にいい匂いをつける方法は以下の5つです。

部屋にいい匂いをつける方法

  • 芳香剤を置く
  • アロマオイルを使う
  • アロマキャンドルを使う
  • お香を炊く
  • いい匂いの柔軟剤を使う

芳香剤を置く

芳香剤は置くだけで部屋をいい匂いにできますし、ドラッグストアなどで手軽に手に入れることができるのでおすすめの方法です。

匂い見本などで匂いを嗅いでみて、気に入った匂いがあったらそれを部屋に置いてみましょう。ものにもよりますが、1ヶ月~3ヵ月程度は匂いが持続してくれます。

ただし、いい匂いがするからといって部屋にいくつも置くのはやめた方がいいです。一人暮らしの部屋であれば1つ置いてあれば十分だと思います。

アロマオイルを使う

アロマオイルも簡単に部屋をいい匂いにできます。アロマディフューザーなどで炊くのが一般的な使い方だと思いますが、実はそのまま垂らして使うこともできるんですよ。

どんな場所に垂らすのかと言うと、カーテンやタオルなどの布製品に垂らすのが効果的です。部屋の中の色々な布製品に垂らしてみてください。

ただし、アロマオイルはあくまでもオイルなので、垂らすことでシミになることがあるので注意も必要です。

アロマキャンドルを使う

アロマキャンドルは火を使うので注意が必要ですが、部屋をいい匂いにする、リラックス効果があるといった意味ではとてもおすすめです。

アロマキャンドルに火をつけて部屋を暗くすると、とてもいい雰囲気になりますし、いい匂いだけでなく炎の揺らぎがリラックスさせてくれます。

ただし、上記でも書いた通り火を使っているので、火災や火傷などには十分注意しましょう。

お香を焚く

お香もアロマキャンドルと同様、火をつけるだけで簡単に部屋をいい匂いにすることができますが、ある程度換気しながら焚かないと煙の匂いが残ってしまうので注意しましょう。

お香は雑貨屋さんなどで購入することができます。ただし、お店では焚いたときの匂いを試すことができないので店員さんにどんな匂いがするのか確認してから購入した方が失敗はしないと思います。

いい匂いの柔軟剤を使う

柔軟剤で部屋がいい匂いになるの?と思う方もいるかもしれませんが、最近の柔軟剤はとてもいい香りのものがたくさん出ているので、部屋をいい匂いにするのにも使うことができます。

洗濯する際にいい匂いの柔軟剤を入れて、それを干しておくだけで部屋がいい匂いになりますし、普段から着ている服や使っているタオルなどからもいい匂いがして、結果的に部屋中が柔軟剤の匂いに包まれていきます。

まとめ

以上、今回は部屋の嫌な匂いを消す方法や部屋をいい匂いにする方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

部屋の臭いは意外と自分では気づけないと思いますが、「この部屋臭い」と言われてしまう前に対策をすることが必要です。

部屋の嫌な臭いをなくして、いい匂いの部屋で気分もリフレッシュさせちゃいましょう!

  • この記事を書いた人
アバター

ちくわ

一人暮らし歴7年目に突入したライター。 趣味は写真を撮ることと猫を吸うことです。

-コラム

Copyright© ヒトリビング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.